読んで解く感覚が身につく

高校 やさしくわかりやすい 現代文

新装版

鶴見貴之 著

定価
1,188円(本体1,100円)
判型
B5判
頁数
本冊:160/別冊:32
ISBN
978-4-578-24365-6

特長

やさしいところからはじめる
現代文が嫌いな人でも大丈夫! 例題はごく短い文章から,文章特有の語句の説明もたくさんつけています。まずは,文章を読むことに慣れよう。
設問タイプ別に構成
例えば,「理由として正しいものを答えなさい」という問題では,何が問われ,どうやって答えを導けばよいのか,という視点からくわしくていねいに解説。解くための読み方を身につけよう。
語彙が身につく「ボキャブラリー」
やはり読解力の土台は語彙(わかる・使える言葉の量)。「ボキャブラリー」や「トライ」では,覚えてほしい基礎的な語句を多数扱っています。文章特有の語句になじんで、苦手意識を克服しよう。
「確認テスト」「総合問題」で力試し
答えを導く読み方が理解できたか,4回ごとの「確認テスト」でチェックできます。各章の最後には「総合問題」を設けています。標準レベルの長文読解問題で,どれだけ読解力が身についたかを実感しよう。