社長からのメッセージ

ご挨拶

経営理念「創意工夫により新しいサービスをお客様に提供し、教育事業を通じて日本の未来に貢献する」

文英堂の出版物の目標は、正しい内容とわかりやすい記述は当然ながら、お客様の立場にたった視点で創意工夫を凝らし、新しいサービスを開発して提供することが目標です。これらのより良い教材を通じて「教育」について考えて参ります。教育は人の品性を高め、奥行きのある生き方を教えてこそ、その存在が認められると考えます。私どもが発行する出版物のすべてに冠される「シグマベスト」のマークは、それら理念の一つの表れであり、教育図書出版を通じて日本の「未来への投資」の一助となるべくたゆまぬ努力を重ね、社会に貢献いたします。

スローガン「お客様にシグマベストを提供しよう」

文英堂の学習参考書には、すべて「シグマベスト」のロゴが冠されています。「シグマ(Σ)」は数学記号で「総和」の意味であり、「ベスト(BEST)」の総和ということは「学ぶ人それぞれにとってベストな価値を提供したい」ことの表れです。お客様の学習に最大かつ無限の価値を提供し続けたいという文英堂の念願の象徴であり、シグマベストシリーズとして発刊を続ける中で、サービスや価値を提供して参りました。

行動指針「お客様に最高、最良、最上を、従業員は最善、全力を、会社は最適を」

お客様に「シグマベスト」を提供するにあたり、私どもはお客様に対して、すべての活動および行動、ひとつひとつの仕事に行動指針を明確に定め、それにもとづき研鑽と努力を重ねて参ります。またこの行動指針は歩むべき道のりに記された課題である一方、私どもが現状を振り返るときの指針でもあります。お客様に3つのベストを、従業員はお客様に2つのベストを、会社はお客様に対して1つのベストの提供を目指し、それらを総和することにより、お客様に選び続けていただける本作りを展開して参ります。

お客様に対して、
  • 充実した内容を有する最高であること
  • 使い勝手が良いベストフィットする最良であること
  • 理解しやすく丁寧で品質が確保されている最上であること
従業員はお客様に対して、
  • 計画的な準備に最善を尽くす
  • 自身の有する力をすべて発揮し全力を尽くす
会社はお客様に対して、
  • 新しい価値提供ができるよう経営環境を整備し最適化させる

私どもはお客様に、より良い「シグマベスト」を今後も提供し続けて参ります。それら教材の出版を通じてお客様の未来に貢献したいと考えております。今後ともご支援、ご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 益井英郎