ASSOCIATION OF SOPHIAN TEACHERS OF ENGLISH
      上 智 大 学 英 語 教 員 研 究 会
NEWSLETTER


第39号          1998年9月1日

STRATEGIES AND SKILLS FOR EFFECTIVE ESL WRITING--OR WRITING TO LEARN                       (Louis Arena)

教育実習に向けて(中学の部)(小磯雅人)

教育実習にむけて(高校の部)(西澤善明)

第94回ASTE例会及び教育実習に参加した感想 (増村由美)

ASTE「教育実習に向けて」と教育実習体験談 (阿部敏江)

コミュニカティブ・ライティングを考える (吉田研作)

Communicative Writing: 通常の授業で行える状況英作文を利用した活動例                      (石川和弘)

学校間英文文通の試み (柳瀬和明)

Communicative Writing- 電子メールの教育効果とその実例 (阪口健三)

お知らせ

ASTE 1998年度後期スケジュール


STRATEGIES AND SKILLS FOR EFFECTIVE ESL WRITING--OR WRITING TO LEARN

ASTE 93 回例会       1998年4月25日      LOUIS A. ARENA

(UNIVERSITY OF DELAWARE/SOPHIA UNIVERSITY)


Introduction
Writing to learn is the phrase used quite often in composition programs thoughout the USA today. Typically, it is used to refer to the teaching of writing to learn not only the content of other classes such as science, social studies, mathematics, or literature, but also to reinforce students' developing stages of commuinicative competenece. Most Japanese students who are studying in the USA discover, very quickly (and often traumatically), that their survival in ALL of their studies depends on their writing abilities. In universities in the USA, writing actually serves as the screening device for advancing academically. Those students who have learned to write typically advance on schedule, while those students who have not acquired writing skills advance much more slowly in their courses, and, all too often, either drop out or fail out of US colleges and universities.

The components of writing proficiency
Japanese students who are effective writers can be described as having command of the four components of Communicative Competence, first outlined by Canale and Swain in 1980: Grammatical, Sociolinguistic, Strategic and Discourse Competence. I will describe these briefly, for writing, in a moment. However, Japanese students who are effective writers also have command of some other components of writing, which many teachers in the USA still do not teach in their writing classes. For example, many teachers still do not teach the different KINDS of writing expected from students, and what the components of each kind of writing are. In writing to learn, there are essentially four different kinds of writing, that is, Expository, Narrative, Descriptive, and Technical. For the first section of this talk, I'd like to briefly review the four components of Communicative Competence (CC), as they apply to writing, and then to review the four different kinds of writing that students are expected to demonstrate in their assignments.
Canale and Swain (1980) are responsible for giving us insight into the four kinds of competencies which make up CC. I will attempt to describe these four competencies as they apply to writing.
Grammatical Competence. In general, Japanese students who are good writers demonstrate high proficiency in English spelling conventions, punctuation, written grammar--including control of morphological and syntactic rules. Handwriting, which used to be a problem, is no longer a factor since all written work in the US is done by word processing programs (Japanese students are usually very computer proficient).
Sociolinguistic Competence. Usually, good writers are quite proficient at using the appropriate writing register. They know how to vary their vocabulary according to such factors as the audience, purpose, the topic, or the point of view. This particular competence also deals with control of various genres and different kinds of writing, and knowledge of different discourse communities.
Strategic Competence. Strategic Competence usually is employed by a person when communication between two persons has broken down due to a confrontation, a misunderstanding, a misperception, etc. In writing to learn, strategic competence is employed when communication breaks down in the writer herself or himself. And this happens a lot in the form of "writer's block." If a writer has control of the writing PROCESS, that is, getting ideas, getting started, writing quick drafts, revising, editing, etc., then the effective writer can get around "writer's block" efficiently, economically, and productively.
Discourse Competence. In writing to learn, this type of competence enables the effective writers to organize their writing cohesively and coherently. Halliday and Hasan in their seminal work in 1976 proposed five devices which writers use to compose cohesively.
1) reference (e.g. There are three students over there. Please see what THEY want).
2) substituion (e.g. I want this dress, and the other ONE, too).
3) ellipsis (e.g. Most of the students had finished the test. There were only THREE still writing).
4) conjuction (e.g. He did not arrive on time. CONSEQUENTLY, he missed his appointment).
5) lexical cohesion (e.g. The faculty decided to elect him Chairman for two terms, and he was an outstanding CHAIRMAN--both pronoun and noun-phrase display referential cohesion).
With respect to the above four competencies as they are applied to writing, all of us acknowledge that our students develop one or two of the competencies to a much greater extent than the others. Further, and leading into the next portion of components of writing, some of our students also develop competence in composing one type of writing (or genre) such as descriptions or narratives, very effectively, but do not develop the proficiency to write other types such as expository writing, or technical reports. What is presupposed in all of this is that our students actually know the differences between the four types of writing they may be asked to do. If they do not, then having Communicative Competence means nothing if they write (even perfectly) in the wrong writing style. In other words, if they are assigned to write a description, and they hand in a narrative, then the assignment is wrong--no matter how good the writing is.

Four Modes (Genres, Types) of Writing
While students are given different writing tasks to do, often, they are not told which genre to write in, e.g., expository, and, if they are told, they either do not know of, or have not had practiced wrting in that particular genre. Most often, in the USA, the students do not know the genre because they have not been taught all of the four types of writing and the differences between them. The following is a brief review of the four types of writing.
Expository Writing: predominance of transitive (verb) clauses
  Seven rhetorical strategies used in expository writing
  1) enumeration, 2) definition, 3) process, 4) comparison and contrast,
  5) analysis, 6) cause and effect, 7) illustration
Descriptive Writing: predominance of equational (BE-type verbs) clauses
Narrative Writing: predominance of intransitive (verb) clauses
Technical Writing: predominance of passive (voice) clauses

Why do Some Japanese Students Enjoy Writing; or How can Teachers Make Writing Enjoyable for All Japanese Students?
In reviewing the literature about why some students like to write and some simply don't, four factors come to light: 1) motivation; 2) linguistic/cultural experience; 3) prior, or background knowledge; and 4) writing practice.
Let's start with Motivation. Successful or effective ESL writers are typically motivated. But, where does this motivation come from? As instructors of English, we know that students were not born motivated to write English! The answer is simple: motivation comes from teachers. When you have motivated a student to learn to like to write, the first step towards an effective writer has been taken. Barry Taylor, at the University of San Francisco, has written on this topic a lot (1989). He tells us that unmotivated writer's anxiety directly interferes with the development of ESL writing skills. Students who are highly apprehensive or even nervous about writing assignments avoid writing when possible. And when they are forced to write, they do so with great anxiety, and these students often fail to attend class when writing is required. Also, these students seldom select writing classes which are not required for graduation.
Motivated students, on the other hand, not only like to write but also to choose the topic they are going to write about. Choice is very important to motivated students; when such students are allowed to choose the topics they write about, they are more apt to elaborate their ideas, clarify their thinking, and revise their texts. Most importantly such students will learn while they are writing.
How can teachers make writing more enjoyable in this factor? Many ESL writing experts suggest that teachers recognize that their students' writing efforts are worthwhile and valuable. To do so, the writing teacher always looks for someting good in each piece of writing at whatever stage of the writing process, compliments the student for success, and guides the student to even more successful writing efforts.
Linguistic/cultural experience. A lot of the literature about strategies (O'Malley and Chamot, 1994) have suggested that one's writing ability in the first language also affects writing development in the second language. Both O'Malley and Chamot, along with other researchers (Jones and Tetroe , 1987) claim that ESL writing is similar to L1 writing. These researchers asked their students to use 'think-aloud' strategies, and found that ESL students tended to use the same strategies to write in both their first and second languages, regardless of their proficiency in English. A lot of other researchers (Canale et al., see Cummins, 1989) have found a significant relationship between native writing ability and ESL writing ability. Their conclusion is that the more capable the student is in L1, the more capable s/he will be in ESL. Thus linguistic experience is very important, and teachers should first make students feel good about writing in Japanese before they ask the students to write in English.
Cultural experience is a topic which is both compellingly important and very controversial. We know that writing, that is, good writing, is often related to specific sets of values and beliefs of particular cultural groups. This is really significant for students who have had intercultural experience vs. those who have not. Students who have had different cultural experiences seem to have a wider variety of preferences in choosing and elaborating on topics, as well as in organizing and developing their ideas. All of us are well aware of the controversy surrounding the relation of culture and writing. A number of linguists have provided evidence that specific writing (rhetorical) structures are shaped by one's cultural experience (Connor and Kaplan, et al.); on the other hand, other linguists argue that one's culture on writing diminishes as one becomes more and more acculturated to another culture, e.g., Japanese students studying in the USA.
How can teachers make writing more enjoyable within the variable of linguistic/cultural experience? Bring in many examples of different cultural values, e.g., friendships in the USA vs. Japanese, or cultural differences between Japanese family and education, and nonverbal communication. Teach them to write well in Japanese, and to like what they have written in Japanese. They will transfer these likes (and dislikes) to their ESL writing efforts.
Prior or Background Knowledge. I won't belabor the point of why prior knowledge is improtant and how it positively affects your students' writing efforts. Prior knowledge simply means that your students ALREADY KNOW SOMETHING about the topic. Even if the topic is scientific, such as genetic cloning, they know something about it. It is up to the teachers to draw out what they know. If all they say about WHALES is that they are "big" or "live in the ocean" or "are mammals" or "swallowed Peppino in Pinochio", that's SOMETHING! Write this elicited prior knowledge on the board, and start a discussion in the class from that knowledge. Prior, conceptual knowledge is something that all students come to your writing class with. It's an important basis to begin writing assignments with, and, when conceptual knowledge is integrated in all of the four language skills, this integration certainly leads to improved ESL writing ability. For example, a lot of research has concluded that reading proficiency leads to improved ESL writing ability (Krashen et al.). Other experts such as Carrell, Eskey, and Devine argue that the reading-writing connection is very important because the students acquire grammar, vocabulary, and discourse abilities through reading, and then transfer this acquisition to their writing efforts. Prior listening and speaking knowledge also result in similar benefits in the writing classroom.
How can Japanese teachers make writing more enjoyable? Have the students articulate their prior knowledge about a topic, in Japanese first--if necessary, and then use that knowledge as a basis for writing. Recall that the prior knowledge may be either conceptual or an integration of the other language skills, i.e., listening, speaking, and reading.

What Seems to Assist Japanese in Their Development of Writing Skills; a Review of the Process Approach to Teaching Writing
I sense that this audience has an excellent command of what constitutes the approach to teaching writing called, the Process Approach. And, therefore, I am going to simply review the basic characteristics with you. I use the terms "Typical" or "Traditional Approach" to describe the method which is in contrast to the Process Approach or Method.

Traditional Method Process Method
◎Teacher-centered class; teacher imparts all knowledge of writing ◎Student-centered class;students are guided by the teacher to discover writing strategies
◎Students work alone ◎Writing is collaborative effort; students assist one another
◎Teacher selects topics ◎Students select topics
◎Ideas are completed before writing begins; students do not create meaning ◎Ideas are refined thru writing; students create meaning thru writing
◎Students do not write for real audiences ◎Students write for real audiences
◎Errors are discouraged and corrected first ◎ Errors viewed as natural; corrected last
◎Grammar is taught in isolation ◎Grammar taught in context of writing
◎Feedback given when writing is finished ◎Feedback is given throughout writing process
◎Students evaluated analytically on basis ◎Students evaluated analytically/ of product only holistically on total writing process

Again, the Process Approach or Method is supported by a lot of research which concludes that the Process Approach is excellent for motivating students to like to write, in either the first or second languages. It also offers teachers more opportunities to reward their students with positive feedback, and, in turn, provides their students with more opportunities to write (enjoyable opportunities to write). It is an approach to teaching writing that assists students in their DEVELOPMENT OF WRITING SKILLS, not just in the product of their writing efforts.

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


Back to TOP




教育実習に向けて(中学の部)
行く前に知っておきたいこと
ASTE 第94回 例会                    1998年 5月 23日  

小磯 雅人 ( 清泉女学院中学校 )

1 「 困った実習生 」 にならないために
a. 教員になるつもりがなくても ....
困った実習生にならないためにまず必要なことは、 「 誠実 」 に実習に参加することではないかと思います。 今まで直接・間接に指導してきた実習生の中で、 実際に教員志望であり、 教職に就かれた方は極少数でした。 教員になるつもりがない実習生でも、 大半の現場では受け入れているのが現状です。 このことを心に留めておかれると良いと思います。 実習に参加する動機は人それぞれ違っていて当然です。 将来どのような道に進まれても、 誠実に参加すればその分だけ得るものがあると思います。
目的意識を持って参加することも大切だと感じています。 教科教育法などを通して大学で研究なさった理論から 「 こういうことを実践してみたい 」、 「 こういうことを観察してみたい 」 という目的を持って参加することだと思います。 そうすれば、 授業の見学にせよ、 自分の教案にせよ、 それを核として考えていける訳です。
意欲や意気込みが感じられないと指導にも力が入りにくいものです。 例えば、 夕方自分の実習日誌を書き上げて 一刻も早く帰宅して次にやるべきことをやってしまいたいと思った時、 周りを見てみて下さい。 もし残っている教員がいたら、 自分にできる仕事はないか聞いてみる意欲やゆとりを持ってほしいと思います。 なぜ遅くまで残っている教員がいるのか。 そこで帰らずに尋ねてみたら学校は授業だけではないことが体験できるかもしれません。
b. 社会人としての常識 ....
実習期間の前に打ち合わせを行う場合がありますが、 これに遅刻するなどは論外でしょう。 社会人として体調を整え、 最高の状態で参加できるように自己管理を心掛けて下さい。
c. 「 実習生 」 の先生という立場 ....
生徒の前では 「 先生 」 であり、 指導教員の前では、 「 生徒 」 です。 母校での実習では、旧友の実習生が多いことでしょう。 緊張が緩んだ瞬間、 つい所構わず昔話に花が咲いてしまったりします。
空き時間では、 極力他教科や他の実習生の授業を参観してほしいと思います。 一旦教職についてしまうと、 自分の教科の授業参観もままならなくなります。 例えば、 体育での指示の出し方や徹底の仕方、 音楽での歌の指導や声の出し方などいくらでも参考にできます。 実習前の準備を整えて、 空き時間がすべて 「 教材研究 」 で終わってしまうことのないようにできると良いと思います。
d. 英語力 ....
英語力がない実習生が一番困ります。 新出単語のアクセントや発音を間違えたりすることのないように日頃から精進を心掛けましょう。 これは教員であれば一生続くことでもあります。

2 教育実習に向けて
a. 中・高 6年間分の教科書 ....
事前準備で中学と高校の 6年間分の教科書を一通り読んでおくと、 自分が受け持つ単元の位置付けができ、 授業の導入やハンドアウトで使う例文に厚みが出せます。 6年間分が無理ならば、 受け持つ前後の学年と受け持つ単元の前後の単元は最低限調べておきましょう。
b. 教案 ....
どれほど準備をしておいても修正が必要になると覚悟しておいたほうが良いと思います。 事前準備で 1つの授業に対して何種類もの教案を書いておくと、 実習が始まってから非常に有効に活用できます。 とにかくアイディアを溜めておくことです。 ポスターや新聞の写真、 CDなど、 「 ネタ 」 になるものはその気で見ていると案外身近にあるものです。
c. 練習 ....
事前準備でできることはいくらでもあります。 書いた教案で練習してみれば、 良い点、 悪い点が自分だけでも随分分かるものです。 実習期間中にビデオ撮影する方がありますが、 実習に行く前にこそビデオ撮影を試みて大いに研究して下さい。
ビデオがなくても洗面台の鏡で直ぐに練習できます。 「アイ・コンタクト」 が大切であるとよくいわれますが、 鏡の自分に語りかけてみれば自分の 「アイ・コンタクト」 の善し悪しが直ぐに分かります。
モデル・ティーチングをしてみると、 "Good morning, everyone." といった後の言葉がなかなかでない場合があります。 これも試してみれば自分の力が簡単に分かります。
d. 「 中学生 」 ....
今時の 「 中学生 」 とはどのような人々なのでしょうか。 十把一からげにはできません。 言えることは、 個人差、 学年差、 性差が比較的大きく、 変化の幅も激しいことだと思います。 人から愛されたい・認められたい、 また、 人を愛したい・認めたいと思っていてもなかなかうまく表現できないで悩む時期ではないでしょうか。

3 実習期間中
a. 名前で声かけ ....
職員室に生徒の顔写真が備えられていると思います。 新しい先生に名前で呼ばれると生徒はいろいろな反応をします。
b. 他教科、 他の実習生の参観 ....
遅くとも前日までに許可を得るのが、 エチケットでしょう。 また、 早めにその教室に行ってみるといいと思います。 休み時間に下準備として 「 仕込み 」 をする先生もいます。 参観のポイントを決めて、 そのポイントについて複数の授業を参観することを薦めます。例えば、 「 間違った答えをした生徒に対する対応の仕方 」、 「 指示と実際の生徒の動きの差とその理由 」、 「 間の取り方 」 などです。 自分の弱点をポイントにしてみるのも手です。 参観が終わったらできるだけその場でお礼を述べるのも社会人の心掛けとしてお忘れなく。
c. 授業時間外での生徒 ....
休み時間や掃除の時間、 クラブや委員会などでは、 授業の時とは違った表情を見ることができます。
d. 安全 ....
往々にして生徒は危険な行動を取ります。 他愛のないインタヴューゲームなどでも鉛筆を持って教室を走り回ったりしますので、 ケガにつながりかねません。 大人として危険を予見し、 事前に一言注意を喚起するだけでも大違いです。

4 教壇実習
a. 生徒を観る・聴く ....
教案を計画通りこなすのが大事か、 その教室での各生徒とのつながりが大事なのかと聞かれれば、 私は間違いなく後者だと答えます。 各生徒とのつながりとは何か。 一人一人の生徒を観て、 聴いて掴んで下さい。 私はいつも模索しています。
b. 教案 + α ....
形式的な教案はいざ教壇に立つと使えません。 教壇に立った時のことを考えて 「 +α 」した別のものを用意すると良いでしょう。 例えば、 導入や展開の時間をその授業の実際の時刻で記入したものやその時に言う "cue" を大きく書いたものなどは実用的です。 また、 教案から板書だけ抜き出すと実際にノートを書く生徒の身になって板書を見直すことができます。
予定よりも速く進んだ場合のことを考えておくと、 安心です。 3分、 5分、 10分余ったらどうするか。 簡単なゲームや小話、 自分の中高時代の話など 「 持ち駒 」 を蓄えておくと便利です。

5 Heart to heart
私自身、 自分の失敗から学んだことは、 「 英語 」 以前に 「 人 」 がいる、 ということです。 知識は氾濫しています。 英語も氾濫しています。 あなたのメッセージを全身で伝えてきて下さい。 一番不足しているのは 「 人 」 ではないでしょうか。


-----------------------------------------


Back to TOP




教育実習にむけて(高校の部)

西澤善明(長 野 商 業 高 校)



1 教師としての存在
a. 自分の生徒時代の先生はどうだった・・・立場が変わると見方も変わる?
・ 中学・高校時代の英語の先生はあなたにとってどんな先生でしたか。自分はどんな先生になりたいですか。自分にとって相性の悪い先生はいましたか、その先生のあなたに対する反応はどんなでしたか。あなたはどのように振る舞いましたか。相性のいい先生と悪い先生とであなたの感情や対応は変わりましたか。
・あなたが教育実習先で相性の悪い生徒がいたら、先生としての立場からあなたはどう行動しますか。自分の経験から考えてみてください。相性の悪い生徒の行動はあなたの経験とは違うかもしれません。実際に教師として行動してみないと分からないかもしれませんが、その場になったときに冷静に対応するためにも考えておかなければならないことです。
b. 生徒との距離の近さ。
・ 教師とは言っても責任がない。自分のやりたいことがやれる?生徒とは友達のような関係も保てる。これは教師になってからでは味わえないことです。生徒のよい面も悪い面も気づく。自分が教師になったときに役立つ財産になります。
・ 授業の時と、休み時間や放課後など、教師としてなのか、先輩としてなのか区別をして接することが大切。難しいときもあります。

2 教師と教育実習生との違い
・ たとえ卒業生であっても、学校から見ると教生は普段の授業の流れに突然飛び込んでくるよそもの。あなたの指導教官はあなたを知らないかもしれません。最悪の場合あなたが相性の悪かった先生かもしれません。全体の流れの一部を借りて授業をさせてもらう感謝を忘れずに。
・ 担当クラスの生徒とは初対面です。生徒の様子が分からないのが最大のハンデでもあり、最高の状況でもあります。何も知らないで接する危険をも負う反面、無の状態で生徒に接することができます。すべてが教師としての財産となる。前向きに物事を考えることが大切です。
・ 実習にいく学校での使用教科書は自分の時とは異なっている可能性大。学習指導要領は変わっている。中学校で何をどのくらい学習しているか分かっているか。例えば関係代名詞の扱いは中学ではどうなっているか。自分が中学の時はどうだったか。落とし穴になることもあります。
・ 指導教官の指導法と自分の指導したい方法が異なる場合。話し合いが必要になります。自分の考えている指導方法で授業をするとしても、生徒の反応を予想できますか。予想と異なるときの対応は大丈夫ですか。

3 教壇に立たない時間は休憩時間か。
・ マニュアルと教案・・・教壇に立たないときにすべきことはたくさんあります。まず、教案を作 ること。その際マニュアルを見ますか、不必要ですか。
・ 他の授業を見学→英語に限らず板書・指示の仕方、生従の様子・反応ぶり
・ ALTがいたらTeam-teachingの見学や、実際にTeam-teachingを行ってみるとよいでしょう。 

4 授業が成立しにくい学校での教育実習の場合。
一番大切なことは、どんなに授業に参加しない子でも、本当は「英語が分かるようになりたい、しゃべれるようになりたい」という潜在的な願望を持っていることを念頭に置くことです。ただ、現在は努力が苦手だったり、周囲との関係で弱みを見せたくないだけかもしれないのです。
生従もいろいろです。学力差、眠る子、私語、内職、ガム、ジュース、携帯電話、反応しない、など。どうやって授業に参加させるか。特効薬はない。しかし「少しでも英語が分かるようになって欲しい」という教師の熱意が生徒に伝えられるかがポイント。「どうせお前たちは分からないんだ」という気持ちで接すると生徒がそれを感じ取る。再度、自分が生徒のときの先生に対する感情を思い出してください。基本的な考え方としては、自分の個性にあう指導の方法を見つけだすことだと思います。

  例: 答えられなくて黙り込んでしまう生徒にどのように対応しますか。しばらく待ちますか。それとも飛ばして次の生徒を指名しますか。その場合「わかりません」の連発になる可能性を認識できますか。飛ばされた生徒の気持ちが分かりますか。
名誉回復のために次のチャンスを与えますか。
その他
   禁句:「こんなの中学でやっただろう。こんなことも分からないのか」などと生徒
を馬鹿にする言葉は生徒と先生の距離を遠ざけてしまいます。特に気をつけしましょう。たとえ言葉に出さなくとも敏感な生徒は先生の態度でそれを感じ取ります。 生徒のいやみを受け流す。先生の言動に対しいやみをいう生徒がいます。それにどう 対処しますか。まともに受けると自分も傷つきませんか。そうなったら生 徒の思う つぼです。授業がやりにくくなります。サラリと受け流すことができると、授業に影響がありません。心の中では敏感であっても、表面上は打たれ強い必要があります。


------------------------------------


Back to TOP



第94回ASTE例会及び教育実習に参加した感想

増村由美(文学部教育学科4年)


 高校時代から、自分が教師になりたいということを明確に意識し始め、短大、大学へと進学し、ついに今回教育実習を経験する機会を得ることが出来た。「実習に行く」という表現をよく使うが、実際にその中には様々な意味が込められている。具体的に言えば、実習期間中に授業をする、生徒と交流する、学校の中で社会人のように働く、教師の役割を学ぶなどである。第94回ASTEの例会に出席し、先生方の実習生へのアドバイスを聞かせて頂いたお陰で、短い実習の時間を中身の濃いものにしようという意識を持つことが出来た。当日は、吉田研作先生の司会、清泉女学院中学校の小磯雅人先生と長野商業高校の西澤善明先生のお話、学生からの質問の時間という内容で行われた。以下は、ASTEでのお話と実習に行った体験の2つを関連させてまとめてゆくことにする。
 第1に、小磯先生は生徒の注意を集める方法として、生徒の好きなアイドルや、有名な人物の写真を拡大コピーして教材として使用する方法を紹介して下さった。私は、自分の実習で使うテキストの部分が「イカ」についての説明文であったので、どう「イカ」の話を面白く教えれば良いのだろうと考えさせられた。私が教えた生徒は中学2年生の女子である。私は非常に料理に興味があるという理由から、「イカ」と「料理」を組み合わせ、生徒たちにまず「イカ」がどの国で食べられているのか、そしてどのような方法で調理されているのかを知ってもらおうと思った。図書館で借りてきた本を用意し、生徒に質問した後、本を見せることにした。質問の答えとしてはイタリアなどが挙がった。生徒は関心を持ってくれたようだったが、私の本の見せ方は生徒にとっては見えにくかっただろうという注意を指導教官の先生から受けてしまった。
 授業に生徒をどれだけ引き込むかは、教師の口調、表情なども関係するであろうが、私は生徒が理解しやすいように簡単なことから難しいものへと移行させたりすることも大切であると思った。そして面白い活動を取り入れても教師はそのことで頭がいっぱいになってしまうのではなくて、自分も生徒と一緒に楽しい気持ちで行いながらも冷静さを失ってはいけないことを指導教官の先生のアドバイスによって教えてもらった。実習校のある先生がアドバイスして下さったことは、「どのような効果があるかを考える。」ということであった。
 第2に、西澤先生は、生徒が勉強する姿勢になりにくい場合も、教師は生徒の口から出る言葉に動揺せず、微妙な気配りを持ちながらコミュニケーションをする大切さを教授して下さった。「この子たちに教えられなければダメだよ。厳しいけど。」というようなコメントを下さった先生がいらしたのだが、私の教えた子どもたちは、授業中おしゃべりをせず話をよく聞く子どもたちであった。それなのに、私は本当に生徒たちが理解しているのか常に心配であった。本当に、授業中にコミュニケーションする難しさを実感した。生徒の顔を見るというアドバイスを受けても、私にはあまり生徒たちのメッセージが受け取れなかったのである。机と机の間を歩くという他の実習生の行為を取り入れて、初めて、分かり始めたような気がした。
 生徒は私に比べればきっと冷静だった。私にもっと余裕があったら、もっと見えてくるものがあったのかもしれない。
 西澤先生は、自分らしい教え方を探すことが重要であるとおっしゃっていた。この「自分らしい」というのは、「自分自身」を生徒たちにぶつけるという意味にも解釈できると思う。人間と人間が対話することは、互いが自分を明らかにしてゆくということである。中学生というまだ自分を思いきり出すことに抵抗を感じる年代と対面するとき、教師が自分らしくして、相手に自分を出しやすくさせることは重要であると思われる。私自身、
授業を重ねるたびに自分を表現できるようになり、それは同時に自分にも授業しやすい要素となっていったように思う。
 12日間にどれだけ生徒とコミュニケーションできるかは、人によって異なるだろうが、授業は確かに「教師と生徒の対話」で成り立っていると実感した。
 第3に、英語を授業中に多く使用することについての感想を付け加えておく。英語学習の際、耳も口もフル活用した教授法も大切であることを大学の英語の授業の中で先生方から学んだこともあって、実習中も生徒たちが英語を自然に耳から学べるようにするよう努めた。しかし、普段英語で友達と話すのと違い、ミスをしてはいけないという条件がある。小磯先生のおっしゃっていたように、アクセントもそうであるが、文の組み立て方や発音など、教科書以外の単語を使う場合、突然思いついてしようとすることが多いため、不安の気持ちが出てくる。それを防ぐために少し話題になりそうな単語をチェックしておくと、自信を持って話すことが出来る。どの先生方もおっしゃることだが、「予習」の大切さはここでも当てはまっている。
 実習中最終日に、クラス全員が英語で私にお別れの言葉を言ってくれた。このとき、英語を使った授業の「効果」があったと、うれしく思ったのである。
 最後に、最初に言ったことであるが、ASTEの先生方のお話を聞くことが出来て、実習に行く前の用意で必要なことや、気をつけなければいけないことを理解することが出来た。心からお礼の気持ちをお伝えする。これから教師になる為に試験をいろいろと受けることになるが、必ず来年は英語教師として働けるように努力したいと思うのである。


Back to TOP




ASTE「教育実習に向けて」と教育実習体験談

 阿部敏江(文学部教育学科4年)


 5月23日(土)のASTE例会は、私にとって2度目の参加であった。毎回、各学校で教鞭を執っておられる諸先生方が参加し、英語教育に関する活発な意見交換などされることを聴き、昨年の終わり頃に参加させて頂いた。その時、ASTEに参加されている諸先生方の熱心な英語教育への姿勢に触れ、今後も是非参加し、自分自身が教員になってからも関わっていきたいと思ったのである。
 そして今回、教育実習に先立ち、学生に対する御配慮から、「教育実習にむけて」の特別例会が開かれるということで参加した。現場で働く諸先生方から、つまりは教職を目指す我々の先輩方から、教育実習に向けての心構え・諸注意・アドバイスをしていただく絶好の機会だったわけである。
 様々な想い・不安を抱いていた私にとって今回の例会での諸先生方のアドバイスは大きな励みとなった。細かい諸注意・心構えが述べられたハンドアウトは今でも大切に保管している。
 ここで、例会で挙げられたいくつかの要点を私の体験談を絡めながら述べたいと思う。
 まず第一に、「実習生は受入れ校にとっては、心から歓迎する相手ではない」ということを肝に命ずるよう指摘があった。これは、私が実習校で言われた言葉と全く同じものであった。卒業生とはいえども実習生として来るからには、節度ある行動をとるよう指導された。実習生という微妙な立場を味わった今、一番には指導される点であることも納得できる。
 そして教案作成についてであるが、これは日頃自分が考えている教授法などを実践するチャンスということもあり、私も実に何通りか試してみた。例会でも、時間配分をよく考え、教案は何通りも作成すると良いというアドバイスがあったので、多く時間を費した。おかげで私は順調に予定通りのところまで終えることができた。心に余裕を持つことができたのだと思う。自分が構想した授業を実践し、それに対する生徒の反応にその場で触
れることの快感(!?)は今でも忘れることができない。
 授業後の指導・アドバイスは素直に聞き入れること、とあったのだが、私は毎回細かな指導を受けることがあまりなかった。しかし他の実習生の様子を見ると、自分の意見との違いに戸惑いをおぼえているようであった。しかし日が経つにつれ、アドバイスを素直に受けることで授業をスムーズに展開できるようになったと語っていたことからも、やはりプロの意見は素直に受けるべきなのだと思った。
 また、空き時間は有効に使うこと、というのも例会で強調された点である。教材研究ばかりでなく、担当指導員の校務の手伝いなど「教員の仕事」をよく観察することも大切である、ということだった。事実、手伝うことはほとんどなかったのだが、教員の一日をよく観ていると、教師は教えることだけが全てではないということが実によくわかった。校務に部活動顧問、等々。遅い人は20時過ぎまで学校にいる。教員という職責の重さを目
のあたりにし、身の引き締まる思いをした。
 また、他の実習生や教員の授業見学をすることも勧められた。確かに、他の人の授業を見ることで、多くのことを学び、自分のものとして吸収する良い機会であった。そして、私も多くの実習生や教員に声をかけ、授業を見てもらい、感想を聞いた。一人よがりの授業にはしたくなかったからである。皆、千差万別の見方があり、意見があれば共通の意見もある。それらを皆、自分の糧とすることができた。
 ASTEでの指導があって、心の準備をし、わずかながら心にゆとりを持つことで、研究授業にも憶することなく臨むことができた。満点の授業とは言い難いが、それは当然のことである。が、しかし私自身非常に満足のいく授業はできた。
 満足のいく授業ーそれは、わずか2週間ながらも、生徒とのコミュニケーションがとれたからだと思う。研究授業は私のHRのクラスではなかったのだが、毎回、授業後のわずかな時間で他クラスの生徒ともコミュニケーションをとるように心がけた。その結果が研究授業で出せたのだと思う。
「生徒」あっての授業なのだということを強く感じた。無論授業を成立させるには他の要素も必要とされる。まだまだ未熟な自分には、英語力を更に身につけ、英語教育研究も欠かせない。やるべきことは山ほどある。
 充実した2週間の教育実習をすることができたことを、ここに報告するとともに、ASTEで御指導くださった諸先生方と、吉田教授に心から感謝します。
 実習期間:平成10年6月1日〜12日   実習校:千葉県立国分高等学校(母校)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


Back to TOP




試してみました
--Written Communication
ASTE 第95回例会     1998年6月27日
----------------------------
コミュニカティブ・ライティングを考える


吉田研作(上智大学)


伝統的な「英作文」に対する考え方
 現在まで、日本の英語教育で English Composition (英作文)を教える時の最も一般的な方法は、「和文英訳」、しかも、日本語で与えられた「単文」を、それに見合った英語の構文に置き換えて英文にする、というものだろう。これは、英文法を覚える手段、あるいは、英語の慣用的な文型を覚える手段である。つまり、英作文の名目で文法や文型を教えていた、と言っても過言ではない。
 しかし、中には、パラグラフ・ライティングや日記やジャーナルを書かせる、という方法がとられることもある。ただ、これらの場合でも、その多くは、教師が生徒の英語力をみる手段として使われているのではないだろうか。ジャーナルと言っても、必ずしも他の生徒が読むためのものではなく、「日記」とあまり変わらない「個人的」なライティングが多いのではないだろうか。


コミュニケーションとしてのライティング
 ところで、ライティングは、何のためにするのだろうか。私たちが日本語で何かを書く時のことを考えてみよう。
 一つは、自分が何かを記憶しておくためだろう。例えば、テスト勉強などをする時のように、何かを「覚える」ために書くことがよくある。あるいは、誰かの電話番号や住所を手帳に書いたり、論文や本などの余白部分に気づいたことを書き込んだり、また、どこかに行く時にその道順を書き留めることもある。料理のレシピーなども同じである。つまり、書くという作業は、「自分」だけのためにする場合があるのである。
 しかし、それだけではない。書くという作業の多くは、人に何かを伝えるために行われる。つまり、コミュニケーションとしてのライティングがあることを忘れてはならないのである。
 まず、日記のように、基本的には他人に見せるためのものではないライティングがあるが、それでも、ある意味では、自らとの「対話」を目的としたものがある。
 他人を視野においたライティングの最も簡単なものは、ちょっとした「伝言」を書く時のメモやメッセージだろう。大事な情報のみを書き留めるもので、文章の形をとらないものが多い。
 次に、家族や友人など、親しい人に書く手紙がる。これは、いわゆるインフォーマルなもので、書き方や形式にあまりこだわる必要のないライティングである。
 更に、よりフォーマルな手紙がある。仕事関係のように、より明確に自分が言いたいことや求めたいことを文章化し、それを相手にできるだけ正確に伝えるための書き方や形式も考慮に入れたものである。
 レポートや論文のように、書く時の形式もさることながら、全体の論理構成を考慮に入れた文章がある。授業などで課した場合は、必ずしも教師以外の人が読むことは念頭に置かれないことが多いが、それでも、基本的には、自分の考えなどを他人に伝えるために書かれるものである。
 そして最後に、エッセイや小説、詩など、文章の機械的な書き方よりも、レトリックや想像性(創造性)が必要となるライティングがある。

文法をライティング
 よく、ライティングは文法を学ぶのに最も適している、と言われるが、果たして本当にそうなのだろうか。
 確かに、英語のテスト勉強のために「書く」場合は、まさに文法、表現、語彙などを覚えることが目的なので、書くことによって文法などの言語形式の修得に焦点が置かれる。
しかし、それ以外のコミュニケーションを目的としたライティングでは、必ずしも文法などの言語形式はそれほど重視されないものもある。
 まず、メモやメッセージの場合は、できるだけ簡潔に「内容」を伝えることが目的なので、文法的に正しいかどうかはあまり問われない。また、日記など、自分自身との対話を目的としたライティングの場合は、自分が読んで分かれば良いため、いわゆる my English で十分な場合がある。
 次に、親しい人への手紙などの場合は、少なくとも読み手に分かる書き方さえできればそれ以上に文法的な文章を書く必要は必ずしもない(my から shared 文法への第一歩)。しかし、よりフォーマルな手紙になれば、当然、知らない相手にも通じる文法が必要となる(より汎用性のある shared 文法)。
 また、レポートや論文などの場合は、更に論理的構成力などが加わるため、それをより正確に相手に伝えるための shared 文法と coherence などの談話力が必要となるし、エッセイや小説、詩などの場合は、更に、レトリックの力が必要となる。
 上記で分かることは、文法の必要度は、ライティングの性質により、どれだけコミュニケーションに必要か、という基準によって決まってくるのであり、基本的には、目的とするコミュニケーションに必要なだけの文法が使えればそれで良い、ということになるのである。つまり、ライティングをコミュニケーションの形態と考えることにより、文法などの言語形式の必要性の程度が決まってくる(shared 度による)のである。

付録:ライティングに便利なインターネットサイト  
  a)一般的な Online Writing Sites で非常に役に立つもの
http://pweb.sophia.ac.jp/~yosida-k/courses.htm 内の 英作文関係サイトの中の
Capital Techinical College (Prof. Darling) の Guide to Grammar and Writing と
Purdue 大学の Online Writing Laboratory (OWL) が非常に便利
  b)学生の作文を載せたペイジ
http://pweb.sophia.ac.jp/~yosida-k/studentpapers.htm
c)コミュニカティブ・ライティングをネット上で実践しておられる例
水野邦太郎先生の Technical Writing Course には学生たちの作文をネット上で公開し、それに対する英文でのレスポンスを、tree の形で展開されている。
       http://www.sfc.keio.ac.jp/~kmizuno


---------------------------


Back to TOP



Communicative Writing
通常の授業で行える状況英作文を利用した活動例


石川和弘 (清泉女学院中学高等学校)


現在筆者は,英語を担当しているので,英作文という活動を他の活動と独立して行ってはいません.英作文という活動がふさわしい教材・場面になるとそこへ英作文を入れるのが標準の状態です.日頃行っている英作文は,従来からある,制限英作文(フォームを習得する訓練)・状況英作文(フォームの運用に慣れさせるもの)・パラグラフ・ライティング(フォームの配列,論理を構成し,展開させる訓練)ですが,今回は,リーディング(資料1参照)後,読み手を意識して書く,自分が誰に何を伝えたいかを明確にしたライティングをさせるために状況英作文を課してみました.
 このテクストをきっかけにしての英作文の指示は,いろいろ考えられると思いますが,今回は,次のように指示しました.「この文章の自転車があった時代から突然,現代に時空を越えてある人(女性)がやってきました.この人に,現代の自転車について,自分も買って乗ってみたくなるように説明する文章を書きなさい.この人は,臆病で運動神経があまり良くありません.」
 題材が自転車という日常性のある限定されたトピックであり,語彙も最初に読んだテクストを利用できるので,負荷の多くない英作文だったと思います.
 なお,今回の課題では,読み手との関係を考慮した新たな評価基準も必要になってくると思われましたので,「言語的・内容的に
1. 相手が苦労せずに文章が分かるか,
2. 相手の好意的な協力があってはじめて文章が理解されるか,
3. 相手の協力があっても文章が理解できないか=本当に独り言のレベルを抜けていないか」という3段階の評価基準をあらかじめ生徒に伝えておきました.
 提出された作品には,日頃の英作文に比べ次の2点が特徴的であったかと思います.代表的な例を挙げておきます.(生徒が提出してきたままで,添削はしていません.)(資料2参照)
内容的には,元の文章の情報が精選され,新しい情報が付け加わっています.原文では初期の自転車は,前後のタイヤの大きさが違う,タイヤが細くて堅い,座席が高い,ペダルが直接車輪に付いている,という点が述べられているだけでしたが,生徒が書いたものには,利便性(バスケットが付いている.早く目的地に着ける.など),見かけ(色,形など)などのほか,安全面(ブレーキ,補助輪,ベル,ライト,方向指示器など),力の弱い人でも使える(電気で走る)などの情報も入っていました. 言語的には,命令・提案などの相手に働きかける機能表現が多用され,また,相手の反論を先取りした内容が盛り込まれる作品もありました.さらに,代名詞 you がほとんどすべての生徒の文章に登場していました. 本来,文章は,現実に存在する読み手を意識して書くものであるので,この方式の英作文は,あくまでもシミュレーションの域を出ず,読み手からのフィードバックも期待できません.しかし,この作業は,授業の中で,実生活で文章を書くための準備段階としては有用であると思われます.
 第1の理由は,生徒がある程度楽しんで課題に取り組めることです.実際にそうでした.これは,条件と文章の目的が明確に与えられると,生徒は自分のするべきことをとらえやすくなり,何を想像したらよいかも限定されてくるので,かえって書きやすくなるからのようです.また,指示の形式が間接的になるので,何を書くかについて生徒の自由裁量の部分が増え,習った表現を利用できる機会も増えるためとも思われます.
 第2の理由は,生徒の意識の活性化,想像力の訓練が期待できることです.この方式の出題は,条件には明言されていない情報を考えること,状況を詳しく想像させることを生徒に要求します.
 さらに,読み手は,学校の場ではほとんどの場合教師ですが,この読み手の範囲をさらに広げることが期待できそうです.
 今回の試みを通し,状況英作文でも,与える条件を工夫し,発信者である生徒の立場・文章の意図を明確に想定すれば,顔の見える英作文をする習慣を付けることができるのではないかという感触を持ちました.

[ 資料1 ]
Some spend a lot of time exercising, while others think that they cannot spare time for exercise. However, these had better find time to exercise or they will spend time recovering from illness.
An excellent form of exercise is riding a bicycle. But it was not always so. The first bicycle was hardly safe. It had a very large front wheel and a very small back one. Both wheels were very narrow and had solid tires. The pedals were fixed directly to the front wheel. The seat was nearly five feet off the ground. Looking at these early models, we do not find it hard to understand why they used to be called "bone-breakers" or why riding such two-wheelers was considered a dangerous sport that attracted only the adventurous young. You have only to compare these with present-day models to see how much bicycles have improved since great-grandfather's day.

[ 資料2 ]
Present-day model is very safe. At first, a back wheel is as large as front one. They are strong and have soft tires. The second reason is that you may adjust the height of the seat quickly. Pedals are fixed under the seat, so you can move your feet smoothly. Some of present-day model has a basket in front. It is very useful in various ways. You can fix assistant wheels to the back wheel at first, and also fix a bell, shifter, head light and so on. No matter how old they are, people ride bicycles nowadays. You will be able to ride it soon. There are various types in bicycle shop. Let's try!

It is much easier and safer to ride a bicycle of present-day model than to ride one of your age, because today's one is different from old one in some respects. First of all, its wheels are wider and its tires are not solid. Secondly, its seat is between the front wheel and the back one, and its pedal is fixed below the seat. And most of all, as its both wheels are the same size and not so large, the seat is low enouge for a rider to touch the ground with his feet. Because of these differences, a rider can keep his balance easily. In fact, many people, even people not good at sports, can ride one. Why don't you go to a store to buy one and enjoy cycling?

If you compare today's bicycles with old ones, you will find it very safe to ride a bicycle. Today's bicycles have wide and same size wheels. The pedals are fixed between the wheels and it is not too high for you to touch the ground. If you are afraid of falling down, you will fix two supporting wheels to the back wheel. For these reasons, you will enjoy riding a bicycle.

I'll tell you how useful today's bicycle is. First of all, today's one has also two wheels, but their sizes are same. Besides, both wheels, which are made of gum are wide and soft. And the pedals are not fixed directly to the front wheel. So, it is very easy to run. Also, the seat is as tall as your waist. I'm sure you can't believe that this is really a bicycle. Today, bicycles are used by many people, even small kids. Everyone can ride them, of course you can. Let's try it.

I think there are many differences between present-day bicycles and early ones. First, present-day bicycles are much more safe than early ones. Because you can control your speed with only on switch. And also you can control the height of your seat easily. Second, present-day bicycles are very comfortable for women to ride. For instanse, when you must pass through an uphill slope, you can go up without any guts because of the power of electricity. These things considered, I'm sure that you would like to buy a present-day bicycle and ride it. It's now or never for you to ride a bicycle.

I want you to ride a modern bicycle. So, I will explain about the latest bicycle. First, modern bicycles are much more safe than early models. If you come near falling down, you have only to touch the ground with your feet, for the seat of modern bicycle is not so high as that of early bicycle was. And modern bicycle has elastic tires. Second, modern bicycles look nice. A front wheel and a back wheel are the same size and modern bicycles are painted various color. Therefore, you can ride your favorite bicycle in the color and the size, safely. Now, I think you want to try to ride a modern bicycle.

OK, I'll explain what's happening in this world now. Our mechanical technology has highly improved. So, "bone-breakers" are not "bone-breakers" any more. Do you know what I mean? They are no longer dangerous. We've been working on improving that device. And now the wheels are both same size and the height of the seat is about 3 feet so, even those who are not good at exercising can ride on it very easily. Even old people, 3-year old kids, those who don't like exercising can handle them easily. Moreover, they're very convenient. Because of its speed, we can go anywhere you like quick, and it's good for your health, too. You don't have to be scared or coward, because it's not dangerous at all.

-------------------------------------


Back to TOP


学校間英文文通の試み」


柳瀬和明 (東京都立飛鳥高等学校)

                              
  コミュニカテイブ・ライテイングを、より実際的な状況で試みる手段として、学校間での生徒どうしの文通を試みた。
(手順)
1.飛鳥高校の生徒に、行事や学校生活など、自分の学校について紹介英文を書かせる。
2.先方の学校の先生に協力して頂き、飛鳥高校の生徒の英作文を生徒に渡してもらう。
3.飛鳥高校の生徒の作文内容についての質問と、自分の学校生活を紹介してもらう。
(留意点)
1.生徒が自分の伝えたいと思うことを書く。
  他人の書いた日本文を英訳するのではなく、自分の考えや気持ちを表現する。
2.先生のアドバイスは最小限にとどめる。(辞書の活用はよい)
  間違えを恐れずに、なんとか分かってもらえるように自分で努力する。
(参加してくれた生徒達の感想)
*返事が来たのがとてもうれしかった。[contentそのものに対するresponse]
*日本人の高校生どうしの文通なので、「なんとか分かってもらえる」という安心感が
 あった。[my文法からshared文法]
*間違えがあるとしても、相手の書いた内容がよくわかった。[shared文法]
*英作文の難しさを改めて認識した。[ generally acceptable文法 / logical organization]
*これをきっかけに、もっと続けたい。
(まとめ)
2種類のaccuracyとJ1→J2→E2→E1回路の意識化
一般にaccuracyというと、英文そのものの文法上あるいは統語上の問題等について論じられることが多いが、もう一つ、「そこにいく一歩手前のaccuracy」、つまり「自分の伝えたいこと」と「自分の英語表現力」という両者のギャップの有無、あるいは大小という意味でのaccuracyがあるように思われる。生徒たちは往々にして、自分の伝えたいことの一字一句を英語にしようとするのだが、この意識が英語で表現する際に、かえって自分を「袋小路」に追い込んでしまっているようである。
 普段の生活で用いている日本語(J1)を、英語にしやすい日本語(J2)に「置き換える」という回路を意識化させ、「当たらずとも遠からず」という発想で英語における自己表現を促すことにより、一つの壁を越えられるのではないだろうか。
(J1→J2→E2→E1の例) 
       やり甲斐のある仕事(J1)→満足感を与えてくれる仕事(J2)
       →which gives me much satisfaction(E2)→a challenging job(E1)
 教室で学んだことを実際に教室の外で使う場、そして「伝えたい相手を意識したコミュニカテイブ・ライテイング」として、学校間の文通は動機づけのひとつになりそうな印象
を持った。


---------------------------------


Back to TOP



Communicative Writing
-
電子メールの教育効果とその実例 -


阪口健三 (二松学舎大学国際政治経済学部)

What can happen? What will happen? What is possible?

1.コミュニケーションのために書くCommunicative Writing  
 電子メールを利用しておこなう教育活動は、工夫次第で従来にないメリットを生かせる可能性が高いといえる。実際に自分でコンピューターを持っていなくても学校やインターネットカフェなどから電子メールのやりとりする方法は十分に可能である。そのいくつかの方法と実例をここで紹介することにする。
 インターネット上において無料で電子メールアカウントを提供してくれる下記のようなサイトが無数ある。ホットメール   http://www.hotmail.com ネットアドレス http://www.netaddress.com
 第一に、上記のサイトでメールアカウントを取得するには英語のアンケートに答えなければならない。これは学習者にとってはリーデイングの練習になる。誤読して間違って回答すればメールアカウントは取得できないように仕組まれている。私のビジネス英語の学習者達は結構大変な思いをしたようである。第二にメールアカウントを取得した学習者達は、ビジネスレターのフォーマットに従って私のメールアカウントに電子メールを書くことが最初のビジネス英語クラスのテストにしいている。期限は一週間以内と限定している。下記に示したものが、実際学習者からhotmailで送信されてきたメールである。

X-Originating-IP: [202.248.46.74] From: "yuki XXXX" <jaxxxxxxx@hotmail.com> To: mtlsakak@unisql.saitama-j.or.jp Subject: My first E-mail Date: Sun, 25 May 1997 21:00:48 PDT
Good afternoon.
At last,I got my mailaccount! Thank you,Professor sakaguchi.I feel that is very happy to get own mai account!I'd like to write much more messages...but, it took three hours. so i'm worry about my english is poor.I must be going now.The third period will come soon.
Sincerely.
Yuki XXXXX

 これは学習者にとって英語でビジネスレターを書く練習になる。必ずこれらのメールが到着すればすぐにビジネスレターのフォーマットに従い、必ず返信のメールを出している。学習者にとってはリーデイングの学習にもなるわけである。この無料電子メールアカウントを使用してビジネス英語クラスの授業を展開している。連絡事項は全て電子メールを通して英語で行っている。先にも述べたようにコンピューターの所有していない学習者は自分の町のNTT(無料で一人15〜30分インターネットができる)や筆者の大学の就職課(インターネットができるコンピューターが2台だけある)や、インターネットカフェでhotmailの電子メールの送受信をしている。
 では第三に電子メールを使いこなせるようになった学習者達のメールを下記に紹介することにする。ここで紹介する学習者達はビジネス英語クラスを97年度4月から始め、インターネットで電子メールを始めて経験した者ばかりである。これらのメールから学習者が電子メールのすばらしさを理解し、それを使いこなしていく過程が読みとれる。

学習者A
X-Originating-IP: [202.248.46.91] From: "axxxx xxxx" <axxxx@hotmail.com> To: mtlsakak@unisql.saitama-j.or.jp
Subject: hello Date: Wed, 21 May 1997 00:37:26 PDT
Dear Mr.Sakaguchi.
Thank you very much for your prompt answer. I am very happy and glad to trying Hotmail. By the way,may I ask you a few questions? What club did you belong to? What was your favorite subject? What is your hobby?
I will be looking for ward to hearing flom soon.
Akxxxx xxxx

このように毎週学習者自信の感想をメールで送受信することでビジネスレターのやりとりを経験させる。他人とのコミュニケーションのために書くことに慣れさせることが重要である。これは電子メールに即効性と双方向性があるからできるのである。学習者にはこの時点で英語でメールを書くことの恐怖心は全く感じ得ない。むしろ書くことを楽しんでいるようである。電子メールを紹介する前と後の大きな効果の違いがうかがえる。

2.まとめ
インターネットを使ったアプローチの利点はまず、何といっても接続料金や電話代などの必要経費を除けば、事実上、学習が無料でできるということである。第二に参加しているという実感ともあいまって、教室でただ一方的な授業を受けるのとは全く違った面白さ、楽しさを体験できることである。英語と言えば学校英語・受験英語の辛さと退屈さしか思い出さない人には、是非体験していただきたい。
  インターネットでは楽しさ、面白さに加えてその役に立つ情報の豊富さはこれまでの英語教材とは比べものにならない。インターネットをフルに使って情報を集めるためには、やはり英語ができなければと思う学習者が多いようである。しかし英語を勉強してからインターネットをやろうとすると、いつまでたってもインターネットができないのである。ここにはある程度勉強して自信が付かない限りは実践に移そうとはしない日本人によく見られる特性が現れているようである。学習者も教師側も情報過多にならず、自分にあった情報を入手して、それらの情報をどう利用するかによって今後のインターネットを利用した自己学習が成功するか否かにかかっているように思える。従来のテープ教材やビデオ教材のような道を歩まぬことを望む。

mtlsakak@saitama-j.or.jp
http://www.saitama-j.or.jp/~mtlsakak

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


Back to TOP




お知らせ

1) ASTE の Newsletter は、ASTE のホームページ
     http://www.bun-eido.co.jp/ASTE.html
にも掲載されています。インターネットをお使いの会員で、このニュースレターの送付を必要としない方は、下記 ASTE 事務局までお知らせください。その他、ASTE に対するご意見、ご希望などございましたらお知らせください。
2)上智大学大学院応用言語学研究会 HOME PAGE
 これは、上智大学の大学院で応用言語学を専攻した卒業生、または現在専攻している学生による HOME PAGE です。言語学、言語教育、応用言語学に関する関連サイト、短い記事や論文などが沢山載っています。興味のある方は是非一度立ち寄ってみてください。

CALPS HOME PAGE:
http://www.asahi-net.or.jp/~jg8t-fjt/index.htm


3)なお、ASTEは、上智大学英語学科主催の研究会で入会金はありません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


Back to TOP



 


    

 お問い合わせ・ご意見は下記へお願いします。

            




Back to TOP




ASTE Main Homepage